「2011年9月」アーカイブ

松本龍さんが退院

7月11日から入院していた民主党の松本龍・前復興担当相が、9月20日に退院していたことが分かったと報道されています。病状は「震災対策で消耗し、軽度のそう状態だった」と説明されていました。経過が良いと良いのですが。

先日、北九州入りした民主党の前原政調会長は、鉢呂経産相の「放射能つけたぞ」の発言と併せて、松本龍さんの発言も「言語道断だ」と指弾しました。

しかし、松本龍さんの日頃の言動を知る私としては、日頃、断じてあんな物の言い方をする人ではなく、テレビ映像を見た私は「龍さん、何かおかしいぞ。どうかしてる!」と叫んだほどでした。

震災以来、防災担当として、二ヶ月以上も危機管理センターに寝泊まりしながら未曾有の大災害に直面しつづけて、精神的に消耗してしまった結果なのではないかと思っています。鉢呂さんの場合と違って「病気」によるものなのです。

もちろん、大臣が精神を消耗して、言動に異常を来すことが、国家として問題でなかったとは言えません。ただ、誰でも生身の人間です。未曾有の災害に直面したとき、その対応期間中の担当責任者の体調の維持を今回は、失敗してしまったのではないかと考えれば、政府も危機管理のあり方について、現実的な再検討が必要なのではないだろうか、と言う気がするのです。

殺伐としない社会とは?

毎日新聞の「金言」という欄で西川恵氏が、イタリアのジャーナリストが「日本の社会は落ち着いている。…殺伐とした空気の欧州から来るとホッとする」と言ったと記事で紹介しています。

最近のヨーロッパでは、高い失業率や賃金カット、社会保障の縮小、人種差別や暴動の発生などなど、社会不安が拡大していると言われます。記者は、これを非理性的な大衆主義だと、鬱憤をため込む大衆の方を批判していますが、それは正しいのだろうか。

経済における新自由主義・市場原理主義がはびこり、徹底した民営化と規制緩和、福祉・医療などの社会支出の削減を進めた国が、一様に貧富の格差拡大や社会的緊張の増大に悩まされていることを考えれば、不安を抱える大衆は、被害者ではあっても、加害者として断罪されるいわれはないのではないでしょうか。

日本でも、小泉・安倍政権以来の市場原理主義が、労働規制を緩和して大量のワーキングプアを生み出し、社会保障を縮小したことで社会不安が一挙に増大し、このことで国民がついに自民党政権を見限る歴史的政権交代へつながったのだと思います。私自身、4年前の市長選挙や自治体議員選挙の時に、多くの人々が殺伐としてきた社会への不安を抱え「医療や年金を何とかしてほしい。福祉を充実するべきだ」と切実な口調で訴えられていたことが強く印象に残っています。

日本は政権交代が実現したことによって、辛くもこうした事態を招かないですんでいるのであって、だからこそ、そんなに殺伐な社会ではないと感じられるのではないか。

だとすれば、今後の政治目標は、市場原理主義的「改革」に退行するのではなく、社会保障や教育などへの財政支出を確保しつつ、経済成長をめざしながら、不安のない社会にむかうビジョンを構築し、実践することなのではないか。そのために、党派を超えて英知を結集する時なのではないでしょうか。

専用のグラウンドゴルフ場を整備しては?

今日は、決算特別委員会審議の最期を飾る市長出席質疑。私たちの分科会では、ハートフルからは長野議員と三宅議員が北橋市長に質問しました。

長野議員は、高齢者スポーツの振興について、保健福祉局と市民文化スポーツ局、建設局など関係部局がしっかり連携して高齢者スポーツの効果的な振興をはかってほしいと訴えました。

特に、高齢者の間で大変人気があり、世代を超えて競技もできるグラウンドゴルフについては、公園を一時利用で使用するやり方ではなく、手軽にそのまま公式協議もできる専用グラウンドゴルフ場を整備してはどうかと提案しました。

北橋市長は「高齢者スポーツについては、これまでも振興計画策定時など各局で連携してきたつもりだ。現在、グラウンドゴルフに活用できる 公園も相当程度整っているが、魅力的で人気があるため愛好者ももっと増えるだろう。ニーズはあるが、土地を確保することなど課題もある。専用グラウンドの整備も視野にいれて、どのような整備ができるか検討してみたい。」と答弁しました。

グラウンドゴルフ場については、約1ヘクタール分の土地があれば良く、整備費もそれほど莫大ではないですし、なにより高齢者の皆さんが求めていらっしゃるので、市の東西各一ヵ所くらい整備しても良いのではないかと考えます。市民要望をまとめるとともに、整備可能な場所や手法などについて、私たちも検討を進めていきたいと考えています。 

三宅議員は、全国から見学者が訪れる北九州エコタウンで、外来者のためのウエルカムゲートを整備してはどうか、また環境モデル都市北九州市を全国に情報発信するために、マスコットキャラクター「テイタン」をもっと活用してはどうか、などの提案を行いました。 

きめ細かい災害情報を!エリアメールを開始へ

災害時にいち早く的確な情報を伝達することは大変大事なことですね。

携帯電話各社が提供している「エリアメール」(ソフトバンクは実施していません)は、事前登録した人のみに送られる「安心メール」などと違って、情報を伝えたいエリアにいる全ての利用者の携帯電話に無料で津波や洪水・土砂災害などの防災情報を送ることができるシステムです。

ホテル滞在者や観光客など、北九州市民でなくても、そこにいる人なら誰にでも情報が送られるシステムであり、自治体が加入する際の費用も大変安く、効果的なことから、私も「エリアメールの導入を検討すべきではないか」と主張してきました。

これまでの市の態度は、なぜか消極的に思えましたが、3月の東日本大震災で大きな被害が生じたこともあり、改めて情報伝達の重要性が見直されたのだと思いますが、ようやく導入がされることになりました。決算特別委員会で市消防局が表明しました。

今後、万一、西日本大地震が発生した場合など、たとえば周防灘海上にある北九州空港では、津波情報などが旅行者をはじめ誰にでもいち早く提供される必要があります。そのためにエリアメールは大きな役割をはたすものと期待されます。できるだけ早く開始してほしいものですね。

震災リスクと企業誘致

市議会の本会議がはじまりました。わが会派のトップバッターは三宅まゆみ議員。北橋市長の1期目最期の年度となる平成22年度の決算議案などについて、議論を展開しました。

その中で、東日本大震災を受けて北九州市でも見直しが進められている地域防災計画について、三宅議員は「3.11の震災以降、私たちはこれまでの先入観を捨てて、改めて震災対策を根本的に見直さなければならなくなったのではないでしょうか。」と指摘しました。

実は、北九州地域はこれまで目立った被害のでた地震がほとんどなく、市域の日本走っている活断層も活動周期がながいことや、東日本大震災のようなプレート型地震をからも遠く離れているため、震災のリスクが非常に少ない地域であると信じられてきました。市も震災リスクの少なさを強調して、企業誘致を進めようと新たにパンフレットを作成して頒布しているほどです。

そこで、今回の質疑前の会派での検討の際、議員仲間からは「これまで震災が少なく企業誘致の利点だとしてきたのに、大規模な震災や津波を想定して防災対策をというのでは矛盾するのではないか」という疑問がだされました。気持ちは分かりますね。

科学的な知見とは何か、地震のリスクとはなにか、我々もさらに勉強していこうとなったのですが、私は「震災リスクの低さを指摘することと、万一の防災対策を進めることとは矛盾するものではない」と思います。

文部科学省地震調査研究推進本部のサイト「地震ハザードステーション」

http://www.j-shis.bosai.go.jp/

では、全国各地の地震発生の確率をかなり詳しいマップで公表していますが、それをみても北九州エリアがかなりリスクの低い地域であることは一目瞭然です。しかし一方で、例えば震度6弱の地震が「絶対にないとは言えない」というのも科学的事実というべきでしょう。

私たちは「北九州地域の地震発生リスクは高くないと判断するが、それでも万一のことを想定して、市民の生命を守る震災(津波も含めて)対策を進めて行こう」というのが、とるべき態度なのではないか。

企業誘致についても「リスクは低いが、万一のことにもしっかりと対応できる防災対策や防災教育をすすめている」と説明した方が、結果としてはより信頼感が得られるのではないでしょうか。

群馬大学の片田先生を座長に、地域防災計画の見直し論議ははじまりました。我々もその論議経過を注視しながら、防災対策の強化にむけて進んでいきたいと考えています。

 

「しがこもとけて」...野田内閣が好発進

野田内閣発足後、最初の世論調査による内閣支持率は、どれも50%から70%と、まずは上々の好発進のようです。
野田首相が大変落ち着いた態度で、国民にも大変分かりやすい語り口でメッセージを伝えようとしていることや、国民不在のゴタゴタ続きだった民主党内もまとめていこうとしている姿勢にたいして、好感が持たれているのだと思います。
自分は泥臭い「どじょう」だとの喩えも印象的で、一言で国民やメディアを引きつけてしまいました。
東北地方の童謡・おなじみ「どじょっこ ふなっこ」の歌詞には「春になれば 氷(しが)こもとけて どじょっこだの ふなっこだの 夜が明けたと思うベナ」とあります。
野田どじょう内閣が、重苦しい氷を溶かして、改めて日本政治の夜明けを告げてほしいものです。

ちなみに、今日、野田内閣の副大臣・政務官がそれぞれ決まり、わが福岡県関係では、ここ10区の城井崇代議士が「文部科学政務官」に就任が決まったほか、3区の藤田一枝代議士が「厚生労働政務官」に、岩本司参議が「農水副大臣」に就任されました。それぞれ、課題の山積するなかでの重責。お祝いするとともに、ぜひ手腕を発揮してがんばってほしいものだと期待しています。

列島クリーンキャンペーン、雨で中止

労働組合のナショナルセンター連合は、9月を列島クリーン月間として全国的にキャンペーンを展開しています。連合北九州地域協議会でも毎年、この時期に組合員や家族が参加して道々のゴミを拾い清掃活動を行うなどの「列島クリーンキャンペーン」を実施しています。
私も、今日予定されていた小倉地区のキャンペーンに参加しようと出かけました。

台風12号の余波で昨日までは風雨が強かったものの、今日は雨も上がったので、実行されるものと思って集合場所へ。

clean.jpg

行動開始を前に、参加者の皆さんへ私が「北九州市は環境モデル都市をめざす以上、まず美しくないといけないと思います。連合の仲間の皆さんが、こうして美しい街をつくるために清掃活動を展開して貢献して下さることに感謝いたします。こんなお天気ですが、がんばって下さい!」とご挨拶したとたん、雨が激しくなり、行動は中止になってしまいました。私の行動も一回り公園内のたばこの吸い殻などを収集して、終了となりました。

ご参加の組合員ご家族の皆さん、大変ご苦労様でした。

 

最近の記事


月別アーカイブ