「2011年11月」アーカイブ

民主党福岡県連14回大会ひらく

民主党福岡県総支部連合会の第14回定期大会が福岡市で開かれました。私も役員の端くれにおりますので参加しました。

大会では、野田国義衆議院議員を引き続き代表に選出したほか、各役員を承認しました。

特に、今回は民主党の所属・推薦自治体議員で組織していた、従来の民主議員ネット福岡を解消し、新たに民主党福岡県連の中に「地方議員団」を組織として設置し活動を進めることとなり、団長には松井克演北九州市議が就任しました。

お伝えしているとおり、民主党は主要政党ながら自治体議員を統括し、その知見を吸収しようとする組織が存在しない唯一の政党です。私は、それが国民との乖離を生む背景になっていると感じています。

この地方議員団会議が。民主党県連の組織内に設置されたことは、こうした民主党の組織のあり方を改善する一歩となると思います。今後の取り組みに注目したいと思います。

大会の議論では、総支部から「脱原発について野田総理はやる気があるのだろうか。基本的な政策が、あいまいなままでは党員等の流出はとまらない。」「TPPにしても、国会議員自身の意見が違っているようにみえる。統一的な見解を示し、それを地域で国会議員や私たちが周りに訴えることをしなければ、強固な組織はできないのではないか」など、党員をはじめ民主党支持者の苛立ちが、かいま見えるような発言が相次ぎました。

執行部からは、「色々なテーマで激しい議論を展開することはあって良いが、まとまればしっかりやっていくことが必要だ。」(野田代表)「原発についてはエネルギー政策の基本をどうさだめるか、現実的な課題も含めて党内で検討している。来年夏にはエネルギー環境会議もあり、ご報告できるまで、もう少しかかると思う」(城井衆議院議員)などの答弁がありました。

組織活動では「プレス民主福岡」発行の検討をすることや街頭宣伝の強化などにも取り組むこととし、「国民の皆さんに政権交代してよかったと実感してもらうため、国民の生活が第一の理念実現にむけて福岡県連は一丸となって取り組む」との大会宣言を採択。がんばろう三唱で締めくくりました。

さて私は、そのまま幹事長代行という役員を仰せつかりました。引き続き福岡市にでかける機会が多くなりそうです。

minnsyukenren1.jpg

初めての市議会報告会を開催

「市民との協働による開かれた議会」の実現をめざす北九州市議会では、さる9月定例会で議決した北九州市議会基本条例の制定を機に、議員自身による市民向けの市議会報告会を初めて開催しました。

報告会は、さる15日に八幡西区折尾で、20日に小倉南区と小倉北区で開催されました。私は、小倉北区の会場で参加しました。

報告会では、9月議会の決算特別委員長をはじめ8名の委員会役職者が説明役や司会を担当。決算の概要と3つの分科会毎に報告したあと、質疑応答。会場からは「こうした報告会を開くことが大事であり評価したい」という声があがったほか、新球技場建設問題や、市の財政問題などで質問が出されました。

 

報告会に先立ち、議員自身が参加を呼びかけるチラシ配りなども行ってきましたが、特に小倉北会場は日曜日の夜、しかもプロ野球日本シリーズの最終戦と重なるなど最悪の設定となりました。

しかし何しろ初めての報告会であり、最初の企画を担当した議員は苦労されたと思います。全体の時間配分や、内容のバランス、報告の言葉遣いなど、検討する余地はあると思いましたが、今後、総括するなかで改善していけるものと思います。

 

来年度も、予算を審議する2月議会後と、決算を審議する9月議会後に、それぞれ3ヵ所ずつの報告会を開催することとしています。

機会がございましたら、ぜひご参加下さいませ。

写真は、小倉北区の報告会のもよう。

sgikaihoukoku.jpg

福退連北九州が文部科学大臣表彰うける

連合北九州傘下の組合OBの皆さんで組織する「福岡県退職者団体連合北九州地域協議会」(正角隆会長)の総会が開かれ、私もご挨拶に参加させていただきました。

同協議会は、お互いの情報交換をはじめバス研修の開催や、市政に対する政策要望など、年間を通じて活発な活動を展開されています。

なかでも特徴的なのはすでに5年間続く「子どもの安全を守る活動」です。これは、市内小倉北区の清水小学校で、児童の下校時にその安全を見守るパトロールを行っているもので、今年度も8産別のべ700人の皆さんが活動を続けています。

この活動は、清水小学校の子どもたちやPTAからも深く感謝されており、このほど文部科学大臣から「学校教育の安全・安心な実施に貢献する優れたものである」として奨励賞を受賞しました。

総会では、受賞が報告され、これらの地域貢献活動を「無理をせず、しっかり続けていこう」と確認されました。

地域において、労働組合のOBの皆さんが、組織だって、子どもたちのために貢献する活動は、大変珍しいことですが、私たち労組出身者の理想でもあります。ぜひ先輩方には、今後ともお元気にがんばっていただきたいと思います。おめでとうございました。

写真は表彰状です。

fukutairen.jpg

「俳人杉田久女を知る」講座

北九州市立文学館で12月25日まで開催中の「俳人 杉田久女展」の関連講座「俳人 杉田久女を知る」も開講中です。

今回は、私も所属している久女多佳子の会・柿本和夫会長が講師でした。柿本会長は、元小倉北区長。まちづくりの視点から久女顕彰の意義について語られました。

柿本さんは「社会が高齢化し、旅行や観光も盛んになってきている。人々がある街を訪れてみようとするとき、形ばかり作られたものではなく本物を見てみたいと思うのではないか。観光とは本当の光を観ると書くではないか。久女はまさに本物の文化だ。久女顕彰は、人々を引きつけてやまない。」と述べられました。まさに正論だと思います。

 

私は、柿本会長がなぜ久女の顕彰活動を始めるようになったのか、この機会に是非知りたかったのですが、お話しによると「私が区長の時、活動を停止中の久女の会の中心メンバーであった小林安司先生がおいでになって、君何とか久女さんのことをやってくれないかと言われた」からなのだそうでした。

 

現在の小倉北区堺町公園内にある「花衣」の句碑は、その以前の久女の会のメンバーが中心になって建立されたものです。会では久女を紹介する「杉田久女文学案内」なども発行しておられました。(昭和60年発行の小冊子は、当時、私も入手して所有しています。)

しかし、その後、遺族との行き違いなどもあり、すでに活動がされなくなっていました。

小林先生は、小倉北区長の柿本さんを見込んで何とか久女顕彰活動をつないでほしいと願われたものと思います。

幸いにも久女顕彰活動は、柿本区長を中心に息を吹き返しました。

区は主催行事として平成11年3月20日に作家の田辺聖子さんをお招きしての久女を語る講演会を実施。当時、会費を500円取り事前にハガキで申し込みさせるなんて無茶なことで、人は集まらないのではという予想を見事にくつがえして、リーガロイヤルホテル小倉の会場は1500名の人々で満員となる大盛況でした。

以来、多くの久女ファンに支えられて今日までの活動が続けられてきました。ようやくにして、久女さんの故郷・小倉に市立文学館が誕生し、「久女展」が開催されるに到りました。

この到達点を、ぜひ市立文学館にお越しいただいてご覧下さいませ。

ただし、私たちは「まだまだこれからだ」と思っています。「久女さんは日本民族の宝」(田辺聖子さん)なのであり、いまだに、それにふさわしい待遇を受けているとは言えないと考えているからです。

写真は、講演する柿本会長。

kakimoto.jpg

あまりにも「官僚的」な

野田総理の「TTPへの参加に向けて各国と協議を開始する」とした態度は、まことに分かりにくいですね。慎重派の山田正彦元農水大臣は「ホッとした。これは参加表明ではない」といい、推進派は「参加するということだ」と理解するというのですから。

普通は「参加する」表明するものでしょう。受け取り次第でどうとでもとられる余りにも「官僚的な発言」と言うべきです。

もともと野田さんは「分かりやすい話をすることに定評」があったはず。こんな発言を繰り返してはいけないと私も思います。一体どうしたというのでしょう。

 

それにしてもなぜ総理は、たとえ関税を引き下げてもEU型の所得保障を行うつもりで農家への個別所得保障制度に踏み出したのだったと説明しないのでしょう。それを前提として民主党は農業政策の基本をたててきたのではなかったのでしょうか。

また、鳩山内閣の「東アジア共同体構想」とTPPはどのような整合性があるのでしょうか。中国や韓国との関係を展望して冷静に整理してきたのでしょうか。

野田内閣は菅内閣の「脱原発」を方針転換してしまったのではと疑われていますが、ここでも方針転換をしてしまったのでしょうか。

同じ政権で、首相が替わる毎に基本政策が変わってしまうと思われるのでは、困ります。

 

政権の基本姿勢について、トップからの発信がなく充分な説明がないまま、このように時が過ぎてゆくと、新政権に期待した国民のもやもや感が増幅し、またぞろライオンヘアの怪物がうろつきだしかねません。

足立小学校区クリーン作戦

今日は小倉北区の足立小学校区の自治連合会(山本邦雄会長)が主体となり、市環境局の皆さんや、足立小学校の4年生35人も参加して「足立校区クリーン作戦」が行われましたので、私も参加させていただきました。

校区内の道々でゴミを拾いながら、チラシを配り、地域の人々に街美化の意識を高めてもらおうという取り組みです。

出発式では山本会長などが挨拶したあと、足立小4年生に代表が街美化の誓いを宣言して出発、中津口公園から富野口交差点の先まで約一時間の行動でした。

 

小倉中心部の繁華街は事業系ゴミの収拾を別途毎日実施するなどのためゴミの散乱は比較的目立たないのですが、むしろ繁華街から少し離れた地域で、違反ゴミ出しなどが目に付きます。

カラスによる散乱や腐敗など「街が汚い」などの指摘の原因もなり、これまで私たちも、夜間収集など特別に何らかの対策を検討をしなければならないのではないかと頭を悩ませてきました。

今回は、校区自治連が発意してくれたおかげで、市も協働で対策を打つことができるようになりました。

市ではすでに10月26日から、ゴミステーションでの違反ゴミ出し防止のチラシを配ってきたほか、悪質な場合では「開封検査を行うことがあります」との警告も行うなどの取り組みを実施。「今日までに違反ゴミが約3割減少した」(日明環境事業センター所長談)そうです。

市環境局では今日のアピールを機に、さらにゴミステーションでの夜間パトロールを実施し、ルール違反を防止する取り組みを実施することにしています。

何と言っても街美化は地域住民の意識づくりが不可欠です。地域ぐるみの街美化「校区クリーン作戦」が、ぜひ大きな成果を上げてほしいものです。

写真は出発式と道々のゴミ拾いのもようです。

adatibika1.jpg
adatibika2.jpg

子どもたちに故郷を!寿山のまつり

「子どもたちに故郷を実感してほしい」と始まった小倉北区寿山校区が実施する「第11回寿山のまつり」が行われ、お招きいただきましたので伺いました。小学校を舞台に、出店や消防展示をはじめ、消防団愛好会による纏ふりやわらべ時代道中など、今年も多彩な行事が行われました。

この地域には、小笠原藩の菩提寺であった広寿山福聚寺をはじめ、杉田久女ゆかりの円通寺、和気清麻呂伝説の残る妙見宮などなど、歴史を感じさせる多くの風物が残されています。

この落ち着いた雰囲気の足立山麓で、地域の歴史を感じながら楽しい時間を過ごすことは、子どもたちにとっても一生残る思い出となることでしょう。

保護者・地域の方々には、毎年のご準備は大変でしょうけれど、この寿山のまつりがこれからの楽しく続いていくことを願っています。

写真は「わらべ時代道中」出発のようす。 

jyuzan.jpg

市議会報告案内チラシ配り

北九州市議会9月定例会で「北九州市議会基本条例」を制定し「市民との協働による開かれた議会」をめざして取り組みが開始されています。  

条例に制定を機に、市議会として初めて市民に対する市議会報告を開催しようと現在準備が進められています。

この日は、JR小倉駅ペデストリアンデッキから構内にかけて通行中の市民の皆さんに「市議会報告」のご案内チラシを議員有志で実施しました。何しろはじめての試みですから、受け取る市民の皆さんも「これなんだろう」というお顔の方もおられたようです。

小倉北区では11月20日の午後6時30分から、小倉北区生涯学習センター(旧中央公民館)で開かれます。

9月議会で論議された22年度決算などについてパワーポイントなども使いながら、市議会議員がご報告する予定です。お時間がお許しになる方は、ぜひお越しください。(写真は案内チラシ配りのもよう)

gikaihoukoku.jpg

子どもの館が10周年

北九州市の副都心・黒崎の起爆剤として期待されたはずのコムシティが、あっけなく破綻した後も、営々と事業を実施し続けてきた「市立子どもの館」が開館10周年を迎えました。先月には入場者が500万人を突破したそうです。記念式典が行われ、お招きいただいたので伺いました。

施設内のホールで行われた式典では、梅本北九州市副市長をはじめ、保育所連盟・幼稚園連盟の代表者や、地域の保育園や学童保育クラブの子どもたちも参加していました。

オープニングでは、熊西保育園の園児たちが可愛いマーチングを披露して喝采をあびました。

 

ところで、北九州市では、室内型の子どもの遊び場と、子育ての情報交換の場としてのこうした施設が「子どもの館」と小倉北区JR駅北側の「子育て交流プラザ」の2ヵ所で稼働しています。

これは人口約100万人、一般会計予算約5000億円規模の政令市にして実現できているのではないかと私は感じています。

これがもし20万都市の規模の集まりだったら、そしてあとは福岡県(あるいは福岡都?)しかなかったらと考えるとどうでしょう。この規模の施設をつくるためには、いちいち県にお伺いをたて、お墨付きと補助をいただくか、県が自主的につくることを待つほかありません。設置場所を巡って、20万自治体間で紛糾するかもしれません。県に全てをおまかせできるでしょうか。

そう考えると、大阪で橋下氏が言っていることが、市民のためには現実的ではないことが明らかになります。

切り刻まれた小さな自治体の上に強大な都があって、独裁者たる知事がいる姿をご想像下さい。

二重行政を解消することは必要ですが、それならまず県を廃止したら良い。あとは自治権を持つ一定規模の自治体が、協議して広域行政を進めれば良い。それだけの智恵は各自治体の長には充分に具わっているはずです。自治体の長をバカにして、自分だけが正しいと主張するのは傲慢というものです。

自治体の上に、なんでも勝手に一人で決める「独裁者」など全く必要ありません。大阪市民の賢明な判断に期待したいものですね。 

 

それにしても、子どもの館オープニングのマーチング演奏で、平沢保育所連盟会長が見ていたとおり、シンバルの子は可愛かったですね。一生懸命でした。リズムをたがわず良くできました!

kodomoyakata.jpg

 

久女展がはじまりました。

いよいよ待望の久女展がはじまりました。今日は市立文学館では久女のお孫さんの石太郎さんなどの参加を得て開会式が行われました。

今回の展示では、ホトトギスの同人を削除され虚子から疎まれた久女が

その苦悩を綴った書簡など、新公開の資料など貴重な展示をはじめ、久女の才能や魅力を紹介する多数の資料が展示されています。

近代女性俳句の源流をなした杉田久女の業績について、ぜひとも多くの方にご覧いただきたい展覧会です。

ところで、私は北九州市(小倉)が杉田久女の故郷だと思っていますが、その故郷の文学館で、開館5年目の第10回目の特別展でしか「杉田久女展」が開かれなかったことに、強い不満を抱く一人でもあります。

何故なら「久女さんは日本民族の宝」(田辺聖子さん)なのですから。

どうしてこの街は、未だに久女さんをこんな扱いしかできないのでしょうか。

この特別展を拝見して、「これは特別展ですよね。でも僕たちは、これがなぜ常設展ではないのか。久女の故郷の常設展示は、このくらいの内容が望まれているのではないだろうかと感じるのです」などと、私はまたまた毒づいてしまいました。

関係者には誠に申し訳なかったのですが、つい悪態をついてしまいました。それほど、まだ私たちは悔しいのです。

開会式で、私も所属する「久女多佳子の会」の柿本会長は「久女の業績への評価は、ここ数年で大きく変化してきた」と挨拶され、近年の久女再評価への動きを歓迎しました。大歓迎ですが「ようやくここまで来た。でも、まだまだ、だ」と私は思うのです。

それはともかく、俳句をお好きな方もお好きではない方も、ぜひ一度、市立文学館の「杉田久女展」にお越し下さいませ!       

hisajyoten1.jpg
hisajyoten2.jpg

杉田久女展がはじまりました!

「俳人 杉田久女」展が、市立文学館ではじまりました。

杉田久女は、小倉に住み大正から昭和初期にかけて活躍した女性俳人。活動期は決して長い期間ではありませんでしたが、才能を一挙に開花させ女性俳句の草分けとなりました。

本特別展では、花衣5号すべての展示の他、堪能だった絵画や書をはじめ、新公開資料など150点が展示されています。

久女の作品は色彩的で美しい句も多いのですが、この季節、私が一番好きな句は「秋きぬとサファイア色の小鰺買ふ」。

皆様ぜひ文学館へお越し下さい!

詳しくは ご案内チラシでご確認下さい。

久女展2.pdf 久女展1.pdf

    12月25日まで。一般400円です。

最近の記事


月別アーカイブ