「 せらちゃんノート 北九州ってとこ 」

列島クリーンキャンペーン

労働組合のナショナルセンターである連合は毎年9月に全国で列島クリーンキャンペーンを実施しています。9月27日には、小倉地区・門司地区で実施され、私は小倉地区のキャンペーンに参加しました。

午前10時にJR小倉駅近くの米町公園に集合、小倉地区連絡会の末広勝嘉委員長が挨拶したあと、参加者は緑のごみ袋(ボランティア袋)をもって5つのコースに分散、周辺のゴミを拾いながら、約1時間後に再び米町公園にもどってきました。

回収したごみを集積した後は全員で記念撮影。この日は秋晴れで気温も上がってきたということで、参加者にはお茶と「塩キャラメル」が配られました。(写真は配られた塩キャラメル)

実はこの「塩キャラメル」は、廃部となった元東芝ソフトボール部をクラブチームとして存続させている「club北九州」を支援しようと販売されているもので、連合北九州が支援の一環として購入しているものです。Club北九州についてはホームページをご参照ください。http://members3.jcom.home.ne.jp/club-kitakyusyu/index.html

私の実感では、米町公園周辺の地域は、落ちているごみが年々少なくなってきれいになってきているようです。JR小倉駅周辺での「ごみのポイ捨て禁止条例」など「まち美化」に対する市民の理解が深くなってきている結果だと理解しています。

参加された連合組合員さんやご家族のご協力に感謝しつつ、今後も市民の皆さんのご理解とご協力を願いながら米町公園を後にしました。

塩キャラメル.jpg

最近の記事


月別アーカイブ