「 せらちゃんノート 城内一番から(市議会・市役所) 」

「安全保障法制の慎重審議を求める意見書」否決

現在、国会で議論されている安全保障法制について、私たち北九州議会ハートフル北九州からは「慎重審議を求める意見書」案を議員提出議案として提出しましたが「自民党」「公明党」のほか「維新」と保守系?無所属一人が反対し、否決となりました。

「制限付き?」とはいえ、時の内閣の解釈による集団的自衛権の容認は、全く国民の理解を得られていないと言うべきでしょう。

市議会会派としては、まず「撤回」ではなく「慎重審議」を求めることで、幅広の賛同を得られないものかと提案したものですが、可決に到りませんでした。

同法案は、今後も国民の理解を得られる保証はなく、政権による強行は憲政史上に禍根を残すことになると懸念しています。

否決された意見書案は別掲ファイルの通りです。安全保障法制の慎重審議を求める意見書 (2).pdf

最近の記事


月別アーカイブ