「せらちゃんノート: 2016年8月」アーカイブ

全国初!シニア・ハローワーク開設

主に50歳以上の求職者に対して求人情報を提供し就業につなげる「シニア・ハローワーク戸畑」が、ウェル戸畑の8階に開設され、開所式が行われましたので、出かけました。

雇用源が拡大しても、仕事を求める人の就業につなげられないのでは困ります。このため私たちは市議会の議論でも「多様で切れ目のない就業支援の充実」をもとめてきました。

この間、若者ワークプラザやウーマンワーク・カフェなど新たな取り組みも進んできましたが、さらに北九州市に帰って仕事に就きたい人など中高年に特化した事業も求められていました。

ところが従来、ハローワークでは、職業紹介に年齢制限をしてはいけないとされているため、北九州市はこのほど指定を受けた「国家戦略特区」を活用して設置することを提案、国家戦略特区諮問会議などを経て承認され実現したものです。

 

この日は、午前8時から内覧会、8時45分から開所式が行われました。

このうち国家戦略特区諮問会議有識者議員でもある八田達夫北九州市アジア成長センター所長は「当初、60歳以上以外は年齢制限してはいけないとされ、50歳以上の職業紹介の実施になかなか理解がされなかったが、50歳以上を重点になどいろいろと議論して、最終的に理解していただいた。全国で初めてであり、必ず成功していくものと期待している」と苦労話を交えながらご挨拶されました。

シニアハローワーク戸畑.jpg

 

私たちも日ごろ、しばしば中高年者からの就業相談を受けますが、その多くはすでにハローワークにも出かけられていて、実際には中高年向けの仕事がないと失望感を持っておられます。

開所したシニアハローワーク戸畑が、中高年者向けに特化した事業として大いに成果を上げて、仕事を求める人と、人を求める企業との雇用のミスマッチが解消されていくことに期待したいと思います。

さらには、10月に移転し新たにJR有楽町駅前に開設する北九州市東京事務所とも連携する予定であり、Uターンを希望する人々の移住を促進する役割も期待されています。

 

シニア・ハローワーク戸畑と同じフロアには、市の高年齢者就業支援センターをはじめシルバー人材センターなどが関係する機関が併設され、ワンストップで求職者の個別事情に応じた相談に乗ることができることになっています。来訪者が、安心して丁寧な相談を受けられる質の高い窓口業務を求めたいと思います。

 

民進党福岡10区総支部が設立総会

民主党と維新の党などが合併し、民主党が改称する形で発足した最大野党・民進党の福岡県第10区総支部(小倉北区・小倉南区・門司区がエリア)が設立総会を行いました。

すでに民進党福岡県連はスタートしており、私もその幹事長代理を仰せつかっておりますが、これまでの民主党福岡県10区では、組織を改称する形ではなく、一旦、民主党第10区総支部の解散の後、改めて民進党総支部の設立をおこなって、名実ともに新たな政治活動をスタートすることが適当ではないかという議論があり、改めてこの日の設立総会となったものです。

総会には、この7月の参議院議員選挙でトップ当選した福岡県選挙区の古賀ゆきひと参議院議員をはじめ、緒方林太郎衆議院議員銀、野田国義参議院議員も来賓として参加され、それぞれご挨拶。その後、城井崇元衆議院議員が総支部長として挨拶を述べた後、原田博史幹事長(福岡県議会議員)が総支部設立にあたって事業計画や予算案、役員案などを提案。満場一致で確認されました。

総会では、来年1月に予定されている北九州市議会議員選挙の必勝を目指して全員で「がんばろう!」を三唱して気勢を上げました。

わたくしも「もっともっとハートフル!世の中良くする「せら俊明」で頑張りますと申し上げ、拳を突き上げました。

民進党10区総支部.jpg

「新しい葡萄酒は新しい革袋に」

 

(以下は、10区総会で申し上げた開会のあいさつの要旨です。)

私自身が旧民主党の結成に参画したのは、ちょうど20年前のことでした。

民主党政令市議会議員第一号として活動をスタートすることとなりました。

民主党は、それまでの野党とは違い、現実的に政権を担いうる政治勢力として活動し、その後ついに政権を獲得したものの、ご承知の通り、国民の希望をつなぎとめることができず、4年前に、大敗北し政権を去りました。

国民に深い失望を与え、政権を手放したことは、私たちにとっても、極めて残念というほかありませんが、新自由主義がはびこって社会格差と分断が拡大し、とがったナショナリズムが幅を利かせようとする、日本政治の現状を見れば、営々と仕事に励み、子どもたちを育て、教育や介護の先行きに心を痛める、すべての国民の皆様の立場にたった社会と政治を実現する、私たちの取り組みを放棄するわけにはいきません。

厳しい現実を踏まえつつも、一歩一歩と新たな政治勢力を構築すべく、私たちも皆様とともに、改めてしっかりと取り組んでいく覚悟です。

「新しい葡萄酒は新しい革袋に入れよ」であります。

本日は改めて、新しい政治勢力としての民進党福岡県第10区総支部を設立するてはずとなりました。

来月には、民進党代表選挙も行われて、新しい代表のもとに活動がスタートします。

また、来年1月には、北九州市議会議員選挙が行われます。

私もすでに民進党の公認を申請し認められておりますが、今度は、民進党政令市議の第一号となって新たな政治活動をスタートしたいものと願っておりますし、次期衆議院議員選挙も、いつ何時行われるか、気を緩めるわけにはまいりません。

この民進党福岡県第10区総支部が、本日の設立総会を機に、城井たかし総支部長のもと、小倉と門司の地において、勤労者生活者すべての市民の未来を代表する政治勢力として力強く登場できますよう、皆様のご協力をお願い申し上げ、開会のご挨拶といたします。

 

民進党政令市協議会が総会

民進党所属の政令指定都市の市議会議員でつくる「民進党政策協議会」の総会と研修会が、今年は福岡市で開催されましたので構成員の一人として参加しました。

この協議会は、国民の5人に一人が住む政令指定都市など大都市特有の政治課題を掘り下げながら、情報交換や親睦を図ろうと、民主党時代から開催されているものです。

この日はあいにく台風9号が直撃、首都圏から福岡への交通が乱れたため、挨拶予定だった民進党山尾政調会長が出席できないなどトラブルもありましたが、各政令市から多くの仲間たちが参加してくれました。

総会では森敏明会長(横浜市議会議員)が 「民進党となって短く、しっくりこない点もありますが、政令市の仲間が連携して、しっかりと成果を出していきたい。民進党中央にも地方・政令市への支援を要請していきたい。」と挨拶。山尾政調会長からは「民進党はもっと地方議員を大事にしていくべきだと考えている」などメッセージも。年間活動の報告、事業計画、役員などを決定して無事に総会を終了しました。

民進党政令市会議.jpg

 

研修会では、九州観光推進機構の専務理事の高橋誠氏が「九州のインバウンド戦略について」 講演。国内外からのインバウンドを活用した九州の広域観光の取り組みや、九州を起点に1000キロ圏内でみれば3億人が住んでいる九州の強みを生かした今後の可能性などについて熱く語られた講演でした。

続いては、福岡県連が誇る民進党学生部「リユーズ」の副代表・鶴田侑希さんが活動報告を行いました。

鶴田さんは、学生部が、若者の政治参加の向上に少しでも役立つような活動がしたいと結成されたもので、学生が主体的に企画提案をする形で進めており、規約では党から選挙活動を強制されることはないこと。学生と議員の交流をするほか、実際に政治活動の経験や研修合宿、スポーツ交流なども行っていること、などを報告しました。

しかし、メンバーの拡大は課題であり、作成したリーフレットなども活用しながら、今後は、県外へも拡大を図りたいと抱負を述べました。

民進党の活動としては、全国的にも珍しい活動であるため、参加した各政令市議員からは、「発足のきっかけは?」「横のつながりは?」「党との関係は?」など多くの質問が出されました。

翌23日は、福岡市の仲間が準備した視察見学会でしたが、私は所属労組の大会のため参加できませんでした。

今後とも、全国の政令市の仲間たちと連携して、都市部から民進党確立に向けて頑張ります。ご参加の皆さんご苦労様でした。

第一回子ども読書会議ひらく

昨年の6月市議会で、全会一致で議決された議員条例「北九州市子ども読書活動推進条例」では、本条例が子どもたちの主体的な読書活動を推進するためのものなので、その中で「子どもの読書活動について、子どもの意見を聴く機会を設けることができる」と規定しました。子どもたち自身が語り合う「子ども読書会議」や「子ども部会」などと名付けた会議をイメージしていました。

 

そこで、今年度は、毎年夏休みに開かれている「子ども司書養成講座」の一環としての「子ども読書会議」という形で開催することとなりました。

条例に基づく記念すべき第一回の子ども読書会議でありますので、期待を胸に傍聴に出かけました。

 (会場の北九州市立中央図書館3階の視聴覚センターホールは、同中央図書館の一部を改装して2年後にオープン予定の子ども図書館では「多目的室」として活用する予定となっています。使いやすい部屋になると良いですね。ノートご参照ください。)

 

さて、子ども読書会議のテーマは「夢の図書館」。自分たちが作るとすればどんな図書館にしたいかについて、班ごとに議論してその内容をポスターにして発表するというものでした。

参加者は、子ども司書養成講座に参加した小中学生70人。中学生が議論をリードして、八百屋猪谷がワイワイ、ポスター作りも進みました。

発表された夢の図書館。子どもたちの意見の一部をご紹介しましょう。

子ども読書会議.jpg

「ロボットなどがいる、北九州のすごいところが見える図書館に」

「ロボットが職員さんで受付など24時間開けてみては」

「個室でゆっくり寝そべることができる場所や、逆にみんなでおしゃべりしてもよいような場所があればいいな」

「ゲームができる場所があればいい。ゲームで大会ができて、賞品は本10冊!」

「外国の人がその国の本を紹介したり、読んでくれたりする機会があれば」

「私たちが、ほかの子どもたちに好きな本を紹介する活動がしたい」

「北九州出身の作家さんが、お話したり本の紹介をしたりする機会があればいいな。」

実現できることも色々ありそうですね。

要望を受けた子ども図書館担当課長さんも「実現できるよう頑張ります!」

 

ちなみに今年で5回目を迎える夏休みの子ども司書養成講座は、子ども達に人気であり、定員50名に対して参加希望者は100人を超えるそうです。そこで、今年は定数を70名に拡大したとのことでした。子どもの読書活動を進める原動力として大いに期待したいと思います。(ただし、圧倒的に女子が多いことは、どう評価したものでしょうね)

町内盆踊り大会を開催

わが西熊本町内会では、毎年8月15日に「盆踊り大会」を開催しています。

初盆の方々をお祀りした祭壇を前に、今年も年長者から子どもたちまで町内の方々に多数ご参加いただき、楽しく踊っていただきました。

踊りでは、盆踊り定番の「わっしょい百万踊り」「小倉音頭」「炭坑節」などとともに、この地区に古くから伝わる「能行口説」も披露されました。

「能行口説」は、町内の年長の方々が「これだけは供養なのだから」と受け継いで踊ってこられたもので、町内では、毎回子どもたちも一緒に参加して伝統に親しめるように配慮しています。

盆踊り1HP .jpg

今年は、練習日から年長の先輩方に能行口説を披露していただき、ビデオに記録する作業も行いました。今後、記録を進め、こうした伝統行事が廃れてしまわないようさらに検討していくことにしています。

 

わが町内会では、できるだけ多くの方々に町内会に加入していただくよう呼びかけていますが、この日も、盆踊りに合わせて「町内会に加入しませんか」という呼びかけのチラシも配りました。

この間、いろいろな行事を通じて、少ずつ若いご家族の加入もなされ始めており、頼もしい限りです。

 

こうしてわが町内会の夏のメインイベント「盆踊り」が終了して、町内会役員一同もホッと一息。練習日の設定から盆提灯の飾りつけや、撤収まで、皆様、大変ご苦労様でした。来年もまたどうぞよろしくお願いいたします!

盆踊り2HP .jpg

長崎原爆忌に平和祈念式典

今年71回目の長崎原爆忌を迎え、今年も小倉北区勝山公園では「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が行われましたので参加しました。

長崎原爆の第一投下目標は、当時この地にあった陸軍の兵器工場「小倉造兵廠」でしたが、当日の天候不良により長崎に投下されました。

式典では、北橋健治市長が「北九州市が長崎爆の第一投下目標であったことに思いをはせ、悲惨な戦争を風化させることなく非核平和の社会をめざして、さらに取り組んでいく」と決意を述べたあと、原爆が投下された午前11時2分に参加者全員で黙とう。その後、それぞれが献花と献水、平和の鐘を鳴らして犠牲者を慰霊しました。

原爆忌1.jpg

今年の式典には、非核平和の願いを子どもたちにも受け継いでいってほしいとの思いから、幼稚園児や小中学生、高校生も多数参加し、千羽鶴の献納や非核平和都市宣言の読み上げ、長崎ゆかりの佳代子桜・親子桜紹介文の朗読などを行いました。

最近の記事


月別アーカイブ