「城内一番から(市議会・市役所): 2017年11月」アーカイブ

国交省に議連で要望活動

北九州市議会の議員連盟による国への要望活動が1117日に行われ、市議会ハートフル北九州代表の世良俊明市議も、議連の理事として参加してきました。

要望先は、昨年同様、国土交通省のみ。要望項目は「北九州空港利用促進」「東九州自動車道建設促進」「東九州新幹線早期建設促進」「下関北九州道路整備促進」「関門国際航路・北九州港整備促進」の5つ。井上議長を先頭に各会派を代表して6人の議員の他、市当局関係等が参加しました。

以下は、世良俊明市議の報告と感想。

要望項目のうち、東九州自動車道については、早期4車線化などを求めたものですが、国交省側も理解をしていて、五道仁美大臣官房技術審議官は「高速道路は4車線が本来の姿。災害時の対応や安全確保のためにも早期に進めたい。人手不足を心配するむきもあるが、九州では十分やれると認識している。」と述べたほか、東潔大臣官房審議官(道路担当)も「事故防止や安全面からも4車線化は必要だが、まず付加道路の整備やワイヤーロープ方式まで、どんなやり方が適当なのか、現在、社会資本整備審議会で有識者の先生方にご検討いただいており、その検討を見守っている」と説明しました。東九州自動車道については、特に事故・安全対策を中心に具体化しようとする国交省の姿勢が確認できました。

また、北九州空港についても、滑走路の3000メートル化や滑走路端安全区域の早期実現、MRJ飛行試験の実施などについて、軌道アクセス実現の手法としての東九州新幹線整備経過鵜路線格上げなどを要望しました。

江口秀二鉄道局官房技術審官は整備路線への格上げは現実的にはなかなか困難としつつも「北九州空港は便利ですね」と、空港整備との関連についても一定の理解をいただいたものと感じました。また松原裕大臣官房技術総括審議官についても、北九州空港の活用は人口が集積している福岡都市圏と併せた九州全体の利便性向上に資するはずとの説明に、理解をいただいたと感じました。

国交省要望.jpg

こうした中央省庁への要望活動が、どれほど効果があるのかと疑問をお持ちの向きもるかもしれませんが、これが現実。市民のためにやれることがあれば、議員の仲間たちと今後もしっかりやっていきたいと思っています。

(写真は要望の様子・国土交通省)

北橋市長に平成30年度予算要望

 

北九州市議会ハートフル北九州議員団は、13日午後、北橋健治北九州市長に対して「平成30年度予算編成に対する要望」を行いました。

要望では、会派代表である世良俊明市議がまず要望書を市長に手渡したあと「平成30年度予算は、北橋市政312年の最終年度であり、大変大事な予算となる。私たちハートフル北九州も、北橋市長とともに人にやさしい元気なまちづくりを進め、北九州市は全国に誇る住みやすい街として近年高い評価を受けていることに敬意を表したい。

来年度はハートフル市政の原点に戻り、成果を踏まえたうえで、特に未来をつくる子どもたちのための予算となるようご努力を願いたい。」と述べました。

その後、出席した会派のメンバーと北橋市長とで同要望書の内容等について意見交換を行いました。

要望は10分野23項目の重点要望のほか、各局別各区別の計127項目となっています。

今年も寿山のまつり

小倉北区の寿山校区では、毎年この時期に「寿山のまつり」が行われます。世良俊明市議もお招きいただきましたので、伺いました。

世良俊明市議の話

寿山のまつり1.jpg

「寿山校区のこの地域は小倉城主小笠原氏の菩提寺である広寿山福聚寺のように小倉の歴史文化を彩る事物がたくさんあるところです。このお祭りは、校区の子どもたちに地域の歴史と文化に親しみ誇りを持ってほしいと始められたとおききしています。子どもたちの手作り神輿などが登場する「わらべ時代道中」が大人たちも一緒に練り歩きます。子どもたちは今年も楽しそうでした。

それにしても祭りのご準備は大変だとお察しします。校区役員をはじめ皆様大変ご苦労様です。」(談)

 

寿山2.jpg

写真は、会場とわらべ時代道中の模様。

「SNS映えするゴミ箱設置を」と高校生が陳情

11月9日に開かれた北九州市議会環境水道常任委員会で、3人の高校生が陳情を行いました。

内容は「市外への若者の転出が多い北九州市は、若者に魅力を感じてもらえる町に進化する必要がある。そこで、エコとアートを両立した街のにぎわいを創るため、インスタグラムなどSNS映えするフォトスポットを兼ねたおしゃれでカラフルなゴミ箱を設置してほしい」(要約)というもの。

以下は、委員会を終えた世良俊明市議の感想と意見。

「高校生が、街のにぎわいづくりや環境などについて考えたことを、緊張しながら熱心に陳情する姿はほほえましく、大変うれしいことでした。

 高校生が同常任委員会で陳情するのは、平尾台広谷湿原をラムサール条約に登録してほしいという市内の別の高校生たちについで2件目です。このように北九州市のまちづくりについて、大いに関心をもっていただき、18歳からは有権者ですので政治参加をしていただくことを歓迎したいと思います。

 市内の観光地などでSNS映えするフォトスポットの設置などは、例えば小倉城などで現在でも進められていますが、

おしゃれなデザインゴミ箱というのは新しい提案ですね。

 ただ、当日、市環境局がこたえたとおり、市では過去にゴミの減量と散乱防止という観点から、平成18年度から公共ゴミ箱をすべて撤去してきた経緯があります。

 無原則にゴミ箱を設置すると、やはり散乱防止など管理上の問題が起こるものと懸念されます。ゴミは捨てないで各自持ち帰るなどモラル意識の向上も必要でしょう。

ですので、公共ゴミ箱の市内各地での設置という方針転換は困難ではないかと委員会でも申し上げました。

とはいえ、せっかく高校生たちが検討し、出されてきた陳情であり、にぎわいとエコを両立する取り組みという趣旨はよくわかりますので、スポットやイベント時に限定的にするなど少し工夫して実現する方法を市でも検討してほしいとも申し上げました。

市では、イベント時に一時的に設置する貸し出し用のゴミ箱を市環境センターで90個保有しており、これらをデザインするなど検討できるのではないかと答えていました。

 同委員会では、九州北部豪雨の経験を踏まえて設置予定の災害発生後の市民の不安にこたえる総合相談窓口の概要が説明されたほか、産業廃棄物処理の高度化に向けた制度のあり方についての北九州市環境審議会の答申案などについても報告され、委員会で意見を交わしました。」

 

最近の記事


月別アーカイブ