「北九州ってとこ: 2011年10月」アーカイブ

町内会初めてのバスツアー

私の住む町内会の活動は、元気な地域生え抜きの長老たちのおかげで長く続いてきました。しかし、これまで何故か町内単位での旅行にはついぞ行ったことがなかったのでした。

町内の古紙回収事業が続いて、1キロごとに5円という奨励金が少しずつ貯まってきたので、それを活用してバスツアーが初めて実施されました。

あいにくの雨模様でしたが、バス一台で出発。まず筑前町の大刀洗平和記念館へむかいました。同館は、かつて東洋一とうたわれた旧日本軍大刀洗飛行場とその関連施設があったことから、昭和20年3月の空襲で壊滅したほか、子どもたちを含む多くの犠牲者が出たという歴史的事実をつたえ、恒久平和を願う施設として2年前に開館したものです。

ここには1996年に博多湾から引き上げられ日本にただ一つ現存する九七式戦闘機が保存されていますが、何とわが町内長寿会の松田博文会長は、旧満州でこの戦闘機を整備兵として整備していたのだそうです。

「わしの指紋でも付いてないかと思ってねえ」。松田会長は、親の反対を押し切って15歳で少年飛行兵に応募したものの、体格等で整備兵になり旧満州で終戦、長らくシベリア抑留を経て北九州に帰還したという経歴をお持ちです。お言葉が胸に響きました。

同館を後にした一同は、日田市へ。昼食をいただいた後、サッポロビール日田工場見学です。ビールのできる過程を見学した後は、エビスビールで乾杯。「出来たてのビールがおいしくなくなるから」と、昼食でビールを自粛した強者も、そのうまさを堪能されていました。

帰りは、道の駅などで買い物をして、一路小倉へ。午後6時過ぎには無事、町内へ帰還しました。

「また行こうね」「楽しかったね」などの声が飛び交うなかで散会となりました。町内の旅行も良いものですね。

写真は平和資料館・零戦前(ここだけは撮影許可)

niskuma.jpg

三郎丸校区の敬老会

今年はちょっと遅めの開催となりましたが、私の地元三郎丸校区の年長者福祉大会が開催されました。

いつものとおり足立中学校ブラスバンド部の演奏をはじめ、保育園児の踊りや歌などもまじえてにぎやかに開催です。

校区では100歳の方がお一人、90歳以上の方は25人を数えるそうで、誠におめでたいことです。

近年、年金や社会保障の財源不足がうたわれ、それがあたかも高齢化だけに原因があるかのような主張が見受けられますね。まるで長寿が悪いかのように。

長寿社会はおめでたい社会であり、誰もが高齢になり一定の社会資源を必要としますが、その共通財をみんなで確保し合っていくことが公の役割であることを改めて確認し合いたいものです。

keirou.jpg

宮本武蔵兵法二天一流演武を奉納

剣豪・宮本武蔵は7年にわたって小倉に滞在したといわれています。

細川藩家老・長岡佐渡を通じて藩主に佐々木小次郎との決闘許可を願い出ていますが、その長岡佐渡の屋敷跡は現在「小倉城庭園」となっています。

武蔵の兵法「二天一流」は現在まで受け継がれ、第11代宗家を小倉の岩見氏が受け継いだのを機に、小倉城庭園の前に「誠心直道の碑」が建立されました。毎年、その碑の前で演武が奉納されています。

今年も、小雨がぱらつく中でしたが、碑の前に武蔵所蔵の木刀が奉納された後、二天一流の演武が披露されました。また、今年は長崎から源平合戦以来800年の歴史をもつという竹生島流棒術も披露されました。棒術の演技を私も初めて拝見しました。

この演武奉納も来年は第10回となるため、さらに盛大なものにしたいと主催者の宮本武蔵小倉顕彰会の田中会長代行は語っておられました。

musasi.jpg
boujyutu.jpg

陽だまりのような施設へ

今日は午前10時から、障害者支援施設「ひよりの丘」の開所式に参加しました。同施設は北九州市福祉事業団(山口彰理事長)が運営する施設で入所定員50名。生活介護事業90名。敷地内にケアホーム40名の居住棟を併設する総合的な施設となりました。

若松区にあった小池学園成人部が前身で、同施設が老朽化したため10年ほど前から移転新築を計画したものの、なかなか地元地域の理解をえることができず開所実現にたどりつけるか、永年心配されてきたのでした。

苦節十年、地元の理解も進んでようやく開所にこぎつけました。この間の関係者のご努力に心より敬意を表したいと思います。

障害があっても誰もが地域で自分らしく過ごし、入所施設などなくなってほしいという意見もありますが、しかし、入所施設が必要だという厳然たる事実があるのも現実です。

式典で北橋健治市長は「老朽化し多人数で居住されていたこれまで施設に比べて、二人部屋や個室も整備され、過ごしやすい環境になったと思います」と挨拶しました。

また北九州市自治総連合の中村会長は「地域も積極的に交流し支えていく」と地域の理解も進んでいることを強調されていました。

名前のとおり、日和りの良い日の日だまりのようなあったかな施設となるよう願わずにはいられませんでした。

ひよりの丘.jpg

(写真は、開所式お祝いのくす玉わり)

北九州市難聴者・中途失聴者協会が創立30周年

高齢化や薬害、事故などで聴覚を失ったり難聴などになったりする中途失聴・難聴者の方は、いまや300万人とも言われます。しかし、聴覚の障害はなかなか外見ではわからないことから、それらの方々の社会生活には多くの困難を伴います。

そんな中途失聴や難聴者の当事者が、聞こえの保障を求めるとともに相談や交流をしながら、人生を有意義に過ごそうと活動を続けられているのが「難聴者・中途失聴者協会」の方々です。

北九州市では、この度めでたく創立30周年を迎えられましたので、今日は「全難聴九州ブロック福祉大会」の開催と併せて記念式典と交流会が行われました。

私も、お招きいただきましたので心からの祝福のエールを送りました。

実は、私が北九州市の難聴者協会の皆様と出会ったのは、もう20年近くも前のことでした。

以来、要約筆記ボランティア(当時)の公費派遣の実現をはじめ、FAXによる市政情報伝達や磁気ループの設置、耳マークの普及、要約筆記者の養成などなど、ご一緒に取り組み、一定の成果もあがってきました。

それでも、まだまだ課題は山積しています。

ご挨拶では、本市で防災情報を伝える「エリアメール」の実施を例に、小さいけれども切実で緊急な取り組みなどを、これからもいくつも積み重ねながら、聴覚障害のある方が何らの支障なく社会参加ができる「あたりまえの地域社会づくり」をさらにめざしてまいりたいものですねと私の決意も込めて申し上げました。

交流会では楽しい出し物もたくさんあり、わっしょい百万踊りや炭坑節まで飛びだして楽しい一時を過ごしました。

楽しくも頼もしい同協会の益々のご発展と皆様のご健勝を心からお祈りして会場を後にしました。

ナ協30周年.jpg

(写真は、交流会のもよう)

新生児の連れ去り事件が発生

昨日の夜11時過ぎに病院局からお知らせがあり「これから緊急の記者会見をいたします」ということでした。

内容は、市立医療センターの産科病棟から生後4日目の新生児が何者かに連れ去られたというので驚きました。

警察の捜査の結果、新生児は市内のマンションで住んでいる男女の内、女性の態度を怪しんだ男性が電話をしてきたことで無事に発見され、事なきを得ました。

事件の詳細はなお捜査中ですが、まずは新生児が無事に母親の手に戻ったことに安心しました。

それにしても、なぜこんなことができるのか。

確認したところ、市立医療センターの産科病棟ではお見舞いに来た人にはナースセンタで名前などを記入してもらい、カードを首からかけていただく対応をしています。カードを掛けていない人には、看護師ができるだけ声を掛けて確認することとしていました。ナースセンターには結構人数がいるので、不審者が出入りすると発見されるのではないかというのです。

しかし、新生児は連れ出されてしまった。悪意を持って犯行をしようとすれば、それを完全に防止するのは難しいかも知れません。

今後、事件の把握と安全管理の検証を行った上で、廊下への防犯カメラ設置や、付き添い者・面会者の把握強化、看護師をはじめスタッフの見守り強化など、改善策の実施が求められます。

それにしても、大切な赤ちゃんが無事でよかった!

体育祭まっ盛り!

月も改まってスポーツの秋到来。という訳で、今日はまず、午前8時30分より連合北九州などが主催する「第2回ギラヴァンツ北九州応援!フットサル大会」の開会式に参加しました。酷く暑い時期に行われた昨年の大会で、無謀にも「試合」(遊びのはずでした)に出場した私は、翌日歩くのにも困難を来す結果となったため、今年は出場を辞退。

式後、地元に戻って同九時半からの三郎丸校区の体育祭に参加しました。実は同時刻には、お隣の寿山校区の体育祭も開かれていましたが、物理的にも参加不可能なため、やむなく不参加とさせていただきました。

わが校区の体育祭は、今年初めてメディアドームという屋内での開催となりました。同ドームは本来競輪場ですが、最近では多目的に活用できるようになってきました。

昨年の体育祭が雨模様となり、実行委員会では予定変更などに苦労したことから、天候に左右されないメディアドームで開催してみようと初めての試みとなりました。上履きが必要など制約もありましたが、参加された方々のお話をうかがうとおおむね好評でした。校区内わが第7ブロックチームは、男子リレーで一位となるなど健闘し、町内の年長者などから、盛んな声援を受けていました。

フットサル.jpg

    校区体育祭.jpg

(写真はフットサル開会式と、三郎丸校区体育祭での第7ブロックリレーの勇姿)

最近の記事


月別アーカイブ