「北九州ってとこ: 2015年3月」アーカイブ

春うららかにボタニカルマーケット

本ホームページの記事でもお知らせしていました「ボタニカルマーケット」が、勝山公園一帯で行われている「リバーサイドフェア」の一環として開催されていましたので、活動の途中でのぞきました。

会場には、多くの市民の皆さんが訪れ、出展されている多くの植物やガーデニング材料など展示販売されている店舗の様子を楽しんでおられました。

bota1HP.jpg

もちろんご紹介した「みつばちを愛するトリプルハニーズ」も元気に出店。各種蜂蜜のほか、蜂蜜をつかったレモネードやお菓子など販売されていました。また、このほど完成した「巣箱」も展示され、訪れた親子連れなどが興味深そうにスタッフからの説明に聞き入る光景も見られました。

会場周辺の、小倉城では桜も華やかに開花。傍では「地酒まつり・こくら」のイベントや出店・屋台も並んだほか、紫川には屋形船やボートが浮かび、人々はうららかな春の日和を思い思いに楽しんでおられるようでした。

bota2HP.jpg

このイベントは29日(日)まで。お時間の許す方は是非のぞいてみて下さい。

原田ひろし県議の総決起集会

4月3日に告示され、県知事選挙と同時に投票が行われる福岡県議会議員選挙に小倉北区から立候補を予定している民主党の現職・原田ひろし県議の総決起集会が開かれ参加しました。

集会には、原田後援会の各会長をはじめ、民主党きいたかし元衆議院議員、北橋健治北九州市長も激励に駆けつけてくれました。

原田ひろし県議は「この四年間、医療や介護・福祉、特別支援教育や地域防災、商店街振興などに全力で取り組んできた。微力だが、これからの子どもたちのためにも更に頑張っていきたい。」と決意表明。

私も選対を代表して「福岡県政は、私たち北九州市民の暮らしと深いかかわりを持っています。北九州から小倉北区から原田ひろし県議を引き続き県政に送る意義は大きい。しかし選挙は緩んだ方がしっぺ返しを受ける。気を緩めることなく最後まで頑張りましょう」とご挨拶しました。

hradaHP.jpg

おがわ洋候補の出陣式

福岡県知事選挙が告示され4月12日の投票日までの闘いが始まりました。

民主党も推薦している現職。おがわ洋候補の北九州地区での出陣式は、午後1時30分からJR小倉駅南側コレット広場で行われました。

ogawa1HP.jpg

出陣式では、北九州商工会議所会頭でもある地元後援会副会長の利島康司副会長のほか、民主党から西村まさみ参議院議員、北橋健治北九州市長、連合福岡高島議長なども激励にかけつけました。

 

二期目をめざす「おがわ洋」候補は「福岡県は新成長戦略のモデルとして取り組みが注目されている。ロボットや自動車などの産業政策、空港の連携整備、安全安心のとりくみなど、成果が上がりつつある。この取り組みをさらに前進させて、アジアとともに発展する県民幸福度日本一の福岡県を作りだしたい」と力強く第一声をあげ、集まった多くの支援者から激励の拍手を浴びました。

 

おがわ知事を推薦する私たちも、北九州市と福岡県が更に連携を深めて県民市民のための政策を実現することをめざし、必勝を期して取り組むこととしています。

ogawa2HP.jpg

 

みつばちを愛するトリプハニーズ

きたる3月28日から29日にかけて勝山公園大芝生広場で「ボタニカルマーケット」というユニークな催しが予定されています。

ボタニカルとは植物のことだそうで、植物そのものをはじめ、植物由来の品々やサービス、オーガニック製品、植物デザインのものまで「ボタニカル=植物」をキーワードとする植物好きなお客様を迎える美しくてにぎやかなマーケットを目指しているそうです。ちょっと楽しみですね。

そのボタニカルマーケットに、「山田緑地みつばちプロジェクト」(私のHP昨年10月19日の記事をご参照下さい。)が、小倉都心部のビル屋上でみつばちを飼い、都市と自然環境との共生を目指している「小倉みつばちプロジェクト」および下関市の「廣田養蜂場」の三者共同で出店することになりました。

名付けて「みつばちを愛するトリプルハニーズ」。

北九州初のみつばちの協同マルシェとして、5つのブースを出店し、このうち3つのブースでは、各団体がはちみつやスイーツなどを販売。2つのブースでは、パネル展と、はちみつを使った石鹸やハンドクリームづくりなどが体験できるワークショップを開催するとしています。

山田緑地を中心に、北九州市には里山の自然が豊かに残っています。繊細で環境の変化に弱く、環境が保全されている指標生物とされる日本みつばちを育成し、これを北九州市の自然のシンボルとしてアピールしていこうとする「山田緑地みつばちプロジェクト」の趣旨には、私も賛同しています。

北九州市の豊かな自然をアピールしながら未来につなぐ夢のある事業として今後も発展できるよう、積極的に支援してきたいと考えています。

写真は、山田緑地の日本みつばち。

mitubatiHP.jpg yamadaHP2.jpg

細野豪志政調会長が激励に 

民主党(岡田克也代表)の新体制で政調会長となった細野豪志衆議院議員が来北。原田ひろし・いずみひでお・畠山めぐみの各福岡県議予定候補をそれぞれ激励していただきました。

まず夕方5時半からは原田ひろし県議とともにJR小倉駅ペデストリアンデッキ上で街頭演説。午後7時からは門司区の赤煉瓦プレイスで新人の畠山めぐみさん(民主党推薦)の決起集会で、さらには小倉南区のいずみひでお事務所での激励集会へと、駆け抜けながらの激励行動でした。

細野政調会長はそれぞれの会場で演説し「安倍首相は人々に対して自立せよという。だが苦しい時に支えるのが政治だ。ともにいきる社会をつくることが政治の役割だ。民主党は、安倍政権とは対極にある。今でも民主党はバラバラではないかとのご批判をいただく。しかし、代表選挙で接戦を演じた自分が岡田代表を支えるので大丈夫。信頼してご支持いただきたい。党を再生し、国民に信頼される政治を作るために、いま最も重要なのが統一自治体選挙だ。皆さん、ぜひ民主党の公認・推薦する県議予定候補を支援して下さい」と訴えました。

写真は、JR小倉駅ペデストリアンデッキで原田県議とともに。また門司区の畠山めぐみ集会での細野政調会長。

hosonoHP1.jpg hosonoHP2.jpg

最近の記事


月別アーカイブ