「国の政治は: 2016年1月」アーカイブ

支え合う社会へ!民主党大会

2016年度の民主党定期大会が東京都内で開かれ、私も福岡県連から代議員として参加しました。

大会終了後、早速マスメディアからは「新党結成」などについて様々に報道されています。

岡田代表の挨拶は「新党結成は排除しないが、それには理念が一致して、本気で政権を取りに行くのかが大事だ。3月一杯が期限であり、話し合いをしていく。しばらく代表の私に任せてほしい。」というものでした。

大会に先立つ、非公開の地方代議員会議では、近畿地方の一部代議員から「解党してでなおすべきだ」と声が上がったのに対して、岡田代表が憤然として「解党というのはあり得ない。それは自分を否定することだ。私たちは民主党の取り組みに誇りを持っている」と答えていたのが印象的でした。

全国各地からは「厳しい状況の中で私たちは民主党公認の候補として闘おうとしている」との発言が相次ぎ、大きな拍手が上がっていました。

 

大会では、夏の前哨戦とされる4月24日の北海道衆議院5区補欠選挙を闘う池田まき公認予定候補が元気よく決意表明。激励の拍手や掛け声が上がりました。

つづいて夏の参議院選で闘う予定候補者が登壇。福岡県の古賀ゆきひとさんも紹介されました。

決意表明は、長野県選挙区で民主党公認として立候補を表明した元TBSキャスターの杉尾秀哉さん。

杉尾さんは「去年退社し、言いたいことが言える立場になった。日本の政治を35年見てきたが、いまほど政治状況、その行方に危機感を抱いたことはない。安保法制のご論、立憲主義や議会制民主主義をないがしろにし、報道への圧力をかける、このままで日本の政治はどこに行くのか。こうした政治状況を打破するために先頭にたってがんばります」と挨拶して、会場からは大きな歓声が上がりました。

大会では、民主党の目指す「共生社会」にむけた具体的な政策と、目指す社会像を示す共生社会創造本部の中間とりまとめも示されました。

私は、民主党の目指すビジョンを提示しようとする姿勢を評価したいと思いますし、今後、参議院選挙マニフェストも示されることになりますので、それらが実現性のある施策として民主党への再評価と期待を得ることができる内容となるのか、注視しながら、必要な取り組みを続けたいと思っています。

写真は登壇した参議院選挙予定候補者のみなさん。

民主党HP2016.jpg

古賀ゆきひと氏事務所開き

 今年の夏(おそらく7月10日)に行われる予定の参議院選挙で、福岡県選挙区で民主党公認候補として闘うこととなった古賀ゆきひと氏(写真)の、後援会事務所開きが行われましたので出かけました。会場には、民主党関係自治体議員やサポーターをはじめ、12月25日に推薦を決定していただいた連合福岡の労働組合関係者のほか、古賀ゆきひと氏が居住していた地域自治会関係者や高校や大学の同窓会のメンバーなど多くの支援者が駆けつけて下さいました。

 決意表明をした古賀ゆきひと氏は、安保法制の経緯を見て「平和への思い」を募らせたこと。また、キャスターの仕事を通じて県内60市町村すべてを訪ね、土地の魅力と地域の人々に触れ合ってきた中で「ふるさと福岡への思い」を募らせてきたことに触れ、「誰かに政治を任せるのではなく、自分がその誰かになって日本の政治を変えると決意した」と述べ「福岡と日本のために闘いぬく」と述べ、会場からは大きな激励の掛け声や拍手が上がりました。

koga.jpg

 古賀ゆきひと氏は現在56歳。久留米市の出身で、明治大学政治経済学部を卒業後、㈱福岡放送に入社し、「ズームイン!朝!」や「ナイトシャッフル」「めんたいワイド」などを担当してきました。

 実は、私の出身高校の後輩でもあります。

 民主党福岡県連としては、比例区候補とも連動しながら、福岡県選挙区での古賀ゆきひと氏の必勝に向けて全力を挙げて行くことにしています。

 平和が脅かされ格差が拡大し続ける「不安社会」か、平和をめざし誰でもが希望をもつことができる「安心社会」か、日本政治の転換点になると期待される今夏の参議院選挙。がんばりましょう!

最近の記事


月別アーカイブ