「国の政治は: 2017年11月」アーカイブ

「民進党県連は存続」と第二回定期大会

 民進党福岡県連は11日福岡市で第二回定期大会を開催し、先の総選挙で衆議院議員が希望の党や立憲民主党などに移行するなどして不在となった後の役員体制や、今後の基本方針などを決定しました。

 民進党福岡県連は存続することとし、衆議院選挙で離党し落選した緒方林太郎県連代表の後には、吉村敏男福岡県議会議員を選出したほか、参議院・自治体議員で役員を担っていくこととしました。

 県連幹事長代理の降板を希望した世良俊明市議は、福岡10区担当副代表という役割を担うことになりました。

 世良俊明市議は「今後の政治はさらに揺れ動くことになるでしょう。民進党本部の状況も固まらないなか、当面は、参議院議員と地方自治体議員で県連運営を担うことはやむを得ません。私も福岡10区の担当副代表ということですが、地元の原田博史県議や奥村直樹北九州市議らとも十分相談しながら今後の推移を見守りたいと思います。」と語りました。写真は、県連大会の模様。

民進党県連.jpg

最近の記事


月別アーカイブ