「酒は微酔に: 2012年10月」アーカイブ

小倉の屋台復活!小倉十三区オープン

小倉都心部に屋台が復活しました。場所は、コレットのそば、米町公園のすぐ隣の一角で、焼鳥屋さんや串揚げ屋さん、関門タコ専門バル、小倉名物とんちゃんのお店など13店舗。どこも地産地消、地元食材を気軽に味わうことができるお店ばかりです。

北九州小倉都心部ににぎわいを作り出そうと検討してきたにぎわいづくり懇話会のアイデアを、小倉出身の投資会社社長などを中心に実現したもので、10月1日から営業を開始しました。この日は夕方から米町公園でオープニングセレモニー。北橋市長も参加してテープカット後、みんなで屋台街の中へ入って乾杯しました。

小倉の屋台は、かつて銀天街の中にあったのが、様々なことがあり旦過市場前の広場に移動。酒類は出さないことや、おはぎが常時用意されていることなどが特徴でしたが、次第にその数が減ってきていました。

「十三区の屋台街の登場で、かつての屋台の味わいを復活させ、都心部のにぎわいづくりに一役買いたい」実現した関係者の意気込みが伝わりました。

皆様もちょっと一杯。ぜひお出かけください。 

yatai1.jpg yatai2.jpg

 

最近の記事


月別アーカイブ