「雑談ばかり: 2012年8月」アーカイブ

日登美選手おめでとう!レスリング佳境に

ロンドンオリンピックも佳境に入りました。バレーの竹下選手やサッカーの永井・東選手をはじめ北九州市ゆかりの選手たちの活躍も目立っていますね。

今日は女子レスリングで小原日登美選手が念願の金メダルを獲得したことをテレビで知り、大いに喜びました。

彼女は旧姓・坂本。女子レスリング51キロ級でならした強豪ベテラン選手です。しかし、女子レスリングがオリンピックの正式種目になった時、階級数が減らされたため51キロ級では出場できませんでした。下の48キロ級には妹さんの真紀子選手が、上の55キロ級には世界チャンピオンの強豪・吉田沙保里選手がいました。小原選手はいったん引退していましたが、しかしオリンピックの夢をかなえるため48キロ級で新たな挑戦を開始。31歳にしてはじめてのオリンピック金メダルをかちとったものです。

私の娘も女子レスリング48キロ級の選手でした。坂本真紀子選手とも試合をさせていただいたこともありますが、草創期の女子レスリングの苦労は大変なもので、選手たちはもちろんコーチ関係者そして保護者も、オリンピックで勝ちたいとの一心で試行錯誤を繰り返しながら一丸となってがんばってきたのです。世界チャンピオンでありながら不運にもオリンピックの出場をできなかった先輩たちをはじめ、出場できなかった多くの選手もふくめて、多くのレスリング関係者が、小原選手の苦労と喜びを理解していることと思います。日登美選手に心よりおめでとうと申し上げたいと思います。

最近の記事


月別アーカイブ